090-3192-8616

ブログ

2019/02/06(水)

朝、腰が痛くて起きれないあなたへ

カテゴリー:腰痛改善

 

おはようございます!
福岡県朝倉市の「慢性腰痛専門」整体院 彩歩 院長の佐々木貴司です。
本日も腰痛で悩むあなたに腰痛改善のためのヒントやアイデアをお届けしたいと思います。

今日は、朝起きて腰が痛い、腰が痛くて布団から起き上がるのが辛いと言う方に向けて書いていきたいと思います。なぜこの話をするかというと、私が診ている患者様の中に夜中にトイレに行きたくても「さっ」と行けずに困っている方や朝起きると腰が痛くて動けないという方が多いからです。これを読んでいる方の中にも同じような症状で悩んでいたり、治療するほどではないけれどなんとなく朝起きると腰が重たい方は多いのではないでしょうか?

こんな相談を受けた患者様には私は「あなたの寝具は寝返りがしやすいですか?」と尋ねます。

その理由は赤ちゃんの寝姿を想像してみてください。首が座って寝返りができるようになると熟睡している最中にもコロコロと転がります。そして寝返りがたくさんできる子ほどハイハイがしっかりできるようになります。また幼児期から小学生の時期に外で活発に遊ぶ子供ほど寝相が悪く寝ている間コロコロと動き回ります。これは日中に遊んで歪んだ姿勢や背骨をまっすぐに戻す人間の本能だと言われています。身体を整える力が高い証拠です。(子供の寝相が悪くても心配しないでください!)

だから寝返りは人間にとって、背骨や筋肉にとって必要なものです。

以前、テレビ番組(たぶん「た○しの家庭の医学」だったと思います)で寝返りをする人はしない人に比べて腰痛になりにくいデータが出ているとあっていました。一般的に人は一晩に20回以上寝返りをするらしいです。

ここからは皆さんまた想像して考えてみてください。人間は背骨の近くを太い血管や神経が通っています。大事なものほど体の奥にあります。寝返りをせずに仰向けの状態が続くと内臓や内臓脂肪が腰に長時間負担をかけ血管や神経を押しつぶしてしまいます。そのため、血流や神経の流れを悪くし筋肉の柔軟性が低下します。そうなると朝、腰に痛みが出たり重たく感じます。ちなみに内臓や内臓脂肪は体重の役4割を占めています。

一方、寝返りが多い人は寝返りにより内臓、内臓脂肪の負担から血管や神経の圧迫される時間が短いため痛みが出にくいと考えられています。

ここまで読んでいただいたあなたは寝返りが血流を促し、筋肉の柔軟性を保つことは理解して頂いたと思います。しかし、寝ている間に寝返りを意識することは難しいのではないでしょうか?

少し前までは、低反発のマットレスや枕が良いとテレビ番組やCMで放送されていたのをあなたも見たことがあると思います。最近は見なくないですか?以前は低反発によりマットレスが体の形に沈み込み体にフィットするので良いとされていましたが、研究が進むにつれ沈み過ぎて寝返りがしにくいとなりました。そこで最近では高反発マットレスが勧められています。高反発マットレスは、寝返りをサポートするために反発力を高めています(硬さとは異なります)。寝返りの際に身体を押し上げる力(反発力)が働くことで、寝返りが打ちやすくなるのです。程よくお尻の部分が沈みながらも跳ね返す力があり寝返りをサポートしてくれます。正しい寝姿勢と、楽な寝返りをサポートすることで睡眠の質を高めることが出来ます。毎日意識しなくても続けられ、ぐっすりと深い睡眠を取りながら腰痛対策ができるのです。
「テニスの錦織選手」や「サッカーの香川選手」、「フィギュアスケートの浅田真央選手」も腰痛で悩み、コンディションを整え、腰痛のケアをするために高反発マットレスを使用するようになったらしいです。

最後にまとめとして伝えたいのは、ただ単に低反発マットレスが悪いという話ではなく「寝返りができる環境を整えるべき」と言うことを考えその寝具は適切かどうかを判断して欲しいということです。今回、僕は寝返りがしやすい高反発マットレスを紹介させていただきましたが、今使っているものを急に変えることが難しい方も多いと思います。これを知識として知っていただいた上で知恵に変えて欲しいと思います。畳やフローリングに布団を敷くいわゆる煎餅布団を試してみるのも良いと思います。バスタオルなどで調節するのもいいと思います。いろいろ試してみてください!寝返りのしやすい自分に合ったものが見つかると腰痛は激減するはずです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。当院は腰痛でお悩みのあなたにとって必ずお役に立てるようにサポートします。ぜひ一度ご相談ください。腰が痛くて朝起きるのが辛いあなたは悩む前に今すぐお電話を!09031928616

 

 

 

コロナ自粛期間中まで
先着6名様限定割引 → 1日1名様限定

ご予約は今すぐお電話で

090-3192-8616

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。